本を読むこと

SPリンク
パソコンを学ぼう
何を学ぶ?
どこまでできれば良い?
どこで学ぶ?(Word~プログラム)
パワーポイント・プレゼンテーション
良いパワーポイントとは
パワーポイントの無料テンプレート
パワーポイントのデザインについて
パワーポイントのアニメーション
プレゼンテーション本番に臨む前に
実践的なパワポとエクセル(書籍)
超お得なサイト・裏ワザ
Amazonの5~9割引商品の検索
話題の激安クーポンサイト
ブログを書くだけで収入
お役立ちサイトへのリンク集
学生SNS・就活・生活など
正社員登用のアルバイト
無料冊子のダウンロード
【番外編】勉強しよう・経験しよう
学習するということ
本を読む
日商PC検定対策サイト

本を読むこと

活字離れと言われいますが、私はそうだとは考えていません。インターネットや携帯電話など、活字に触れる機会は多々あると思います。ですが、本離れというのは本当にあるのかもしれません。私は、パソコンで文字を読むよりも、紙で読むほうが好きなのですが、みなさんはいかがでしょうか?

■本を読むこと(本を読む意味)

ひとことで言えば、「受信力と発信力の向上」です。 情報を収集する能力や、自分から表現する能力がアップします。

まずは受信(情報収集)について見ていきましょう。情報収集というと、数値的なデータを読み取るというイメージが強いかもしれませんが、それだけではありません。「感受性」を鍛えることもできます。

今度は発信についてです。本を読むことで、知識が増えます。知識が増えれば、それだけ表現力も上がります。また、本を読むことで文章の仕組みを感じすることができます。特に、好きな作家さんの本ばかりを読んでいると、自然とそれに近い文章表現を行うことができるようになります。

■はじめて読む本

○興味のある分野の本

ディズニーが好きなら、「なぜディズニーは売れるのか?」という内容の本などがお勧めです。楽しいアトラクションだけではなく、色々な裏側の事情を学習することができます。

○心が揺さぶられる本

笑ったり、感動したり、トリビアがあったりなど、心を揺さぶられる本は、とても読みやすいです。個人的にお奨めなのは、トリビア系です。たとえば、へんなほうりつで世界中の面白い法律を学習したり、世界の日本人ジョーク集で国際関係(世界から日本がどのようにみられているのか)を学習するのも面白いですよ。

○身近な話題を取り入れたもの

ほかにも身近な話題を使って、分析をする本なども良いですね。たとえば、スタバではグランデを買えという本がお勧めです。副題は「価格と生活の経済学」となっていて、携帯電話の料金の秘密、スタバのコーヒーのサイズと価格、100円ショップの価格の秘密、牛肉は焼肉にするべきかステーキにするべきかなど、身近な話題から経済の見方を紹介するものもあります。

○子ども向けの本

あなどれません。子どもにも分かるように書かれているので、文章や表現力の勉強にもなります。池上彰さんがNHKでやっていた週刊こどもニュースを見てからというものの、子供向けの作品にはまってしまいました。

■ひとりでも多くの人が本を読んでくれますように

子どもには国語力をつけさせたい・・・

「本を読む子」は必ず伸びる

このページのトップへ

つぶやいて収入Get

ついっく(Twic)
パソコンを学ぶなら

【堀江貴文・ホリエモンもオススメ!】
動画パソコン教室DVD4枚組

ホームページ作成
Office2003・2007
ワード・エクセル
パワーポイント・アクセス
Photoshop・Illustrator
Dreamweaver
C言語・JAVA・PHPなど
Officeの書籍
パワポたん 社会人までに身につけたいプレゼン力を磨け
◆Excelたん◆  ◆ググるたん◆
◆Excelくらいで好きになんか…◆