面接・履歴書の自己PR(自己アピール)の例

SPリンク
基本情報
就職活動の流れ(トップ)
絶対にしてはいけない失敗
主要の就活サイト
狙い目の就活サイト
看護・福祉・介護・薬剤師のサイト
動き出す前の準備
就職課はマイナスをゼロにする場所
自己分析の方法
自己分析ツール
企業分析・業界分析の方法
履歴書の書き方・面接対策
面接における話の時間
志望動機
自己PR・自己アピール
短所と長所
趣味と特技
最近読んだ本
最近気になるニュース
私の就活体験記
2005年新卒として 大学編
2007年新卒として 大学院編
2009年 転職活動
その他・書籍・体験談など
履歴書を書くのが大変だったので

面接・履歴書の自己PR(自己アピール)の例

自己PR・自己アピールは3つの流れに沿って行います。例と一緒に確認しましょう。

■自分を伝えるには

自分のことを伝えるにもかかわらず、「社会の現状は」「経済は」など、自分ではないもののことを話す人がいらっしゃいます。会社はあなたのことを知りたいのです。にも拘わらず、「今、社会は・・・」なんて切り出されたらどうでしょう?

持論ではありますが、自己アピールに限らず、面接における主語は、常に自分であると考えておきたいところです。常に「私は!私が!」という意識を持って、自分を売り込みましょう。

■自己アピール・自己PRの3つのステップ

「結論」→「理由」→「差別化」です。それぞれを詳しく見ていきましょう。

結論(1文で)

「私はリーダーシップをとることができます。」「私は堅実です。」「私は積極的です」というように、伝えたいテーマを最初にぶつけましょう。

結論を最初に述べることで、「これから私はリーダーシップに関してお話しします」という宣言になるため、聞き手側もどのようなリーダーシップがあるのだろう・・・と情報を受け入れやすくなります。一方、最後に結論を述べる形ですと、何の話をしているのかが分からないため、印象に残らないばかりか、話ベタというレッテルを貼られてしまいます。

理由(2文~3文で)

結論で「私はリーダーシップがある」と言ったとします。今度は、「なぜ、リーダーシップを取れるようになったのか」という理由を伝えます。できれば、実体験のほうが良いでしょう。

「私は、講義のグループワークで、積極的にリーダーシップを取るようにしてきました。最初は、メンバー間の情報共有や意思の疎通がうまくいきませんでしたが、その失敗を経て、成長することができました」

差別化と結論(2文~3文で)

結論と理由では、単純に「私はリーダーシップがあります」ということ以外は何も伝わっていません。 結論ではリーダーシップがあると伝えただけです。理由では、リーダーシップに関する経験を伝えただけです。

このままでは、同じように「リーダーシップがあります」とアピールした人と、何の差もありません。そこで、他人との差をつける差別化を行います。ここで行うべきことは「自分はしっかりとした考えを持った上で行動しています」ということを伝えることです。これができれば、ただ単純に「リーダーシップがありますよ」という人に勝つことができます。では、最後の例を確認してみましょう。

「(理由の続き)多くの経験の中で、心がけるようになったことは2つあります。ひとつは、メンバー全員が常に状況を把握できる環境を作ること。もう1つは、意見を出した人に同調したり、納得したりというプラスのアクションをすることです。この2つを心がけるだけで、より活発な意見交換ができるようになりました。多少、間違った意見でも1度、場に出せば修正することができます。ただ、正しい意見を持っていても飲み込んでしまえば、何にもならないと思います。私は、アウトプット(発言)しやすい環境を保つことがリーダーの資質のひとつだと考え、実行しています。」

リクルートが運営している求人サイトです。新卒歓迎の求人があるのに、新卒はリクナビやマイナビにしか目を向けません。このようなサイトやフリーペーパーにも求人はあります。
カリスマ就職予備校講師による就活プログラムです。会社選び・SPIエントリーシートの書き方・印象的な志望動機・面接NGワード・圧迫面接などなど就職活動に必要な能力を身に付けることができます。

このページのトップへ

リアルな就職活動小説

一発逆転システムの就活に挑む
SPリンク