客観的に書く!「○○と思う」はダメ!

SPリンク
レポートについて
このカテゴリーのトップページ
ルール
【重要】レポートとは・卒論とは
引用・参考文献・著作権
構成
【重要】基本構成
基本構成の例
表現・文体を守ろう
客観的に書く (「~と思う」はダメ!)
同じ目線・同じ意見・同じ言葉
比喩は不要!正確な表現を!
語尾・段落
アンケート調査の注意
パワーポイントについて

客観的に書く!「○○と思う」はダメ!

「レポート・卒業論文・小論文は自分の主張を書くものなので、主観的(自分視点)で書く」と考えてしまいがちですが、あくまでも事実・検証に基づいた主張を行うので、客観的(第3者視点である必要があります。少し、ややこしいですね。

客観的に書くとはどういうことなのでしょうか。今回は、自然と客観的な文章を書ける裏ワザをご紹介します。

■自分を登場させない

『レポートを書くときは、「私は・私の・私が・私を」など、みなさん自身を描写してはいけません。』と大学生に伝えたら、「筆者は」と書いてきた学生がいて、がっかりした記憶があります。「私」がダメなのではなく、自分自身を表す言葉を書いてはいけないのです。筆者だろうが俺だろうがミーだろうがダメなものはダメです。

■私の知り合いを登場させない

「私の友達が」「私の知り合いである○○さんが」などもNGです。レポート・卒論において、素人ひとりの意見や行動には何の価値もありません。 レポートや卒論に名前を挙げていいのは、その道のプロだけです。たとえば、小論文なら樋口裕一さん。スポーツならプロ選手などです。 必ずしもプロである必要がありませんが、その道に携わっている著名人・研究者などが好ましいでしょう。 小論文で、人の名前を書くときは「樋口さん」「樋口先生」とするのではなく、「樋口は○○と述べている」というように、敬称を付けずに書いてください。

■「思う」「考える」「感じる」は使わない

これは「自分を登場させない」に似ています。「○○だと思う」という表現は「私が○○であると思っている」という意味なので、 自分自身を登場させてしまっているのです。基本的に、レポート・卒業論文では、物事を断定する(言い切る)表現が求められますが、 「思う」「考える」などを使いたい場合は、「考えられる」を使用してください。これは、「○○と考えることができる」という意味になるので、自分視点ではなくなります。また、「考えられている」にすることで、「一般的に○○と考えられている」という意味にもなります。ただ、自分だけが考えていることに対して、この言葉を使うことがないようにしてください。

■レポート共有サイト・オススメ書籍

レポート・小論文・卒業論文の書き方はこれ一冊で学ぶことができます。薄い・安い・簡単の3拍子揃っている上に、色々な参考文献の書き方などもあり、重宝します。内容についてはテーマ・構成立てから行うので、1から学習できます。
ぎりぎり合格のための論文マニュアルです。文章を成就に見せる細かいテクニックが多く、就職活動の小論文対策などにも役立つ本です。また、小論文対策の本にも関わらず笑いながら読めます。
レポート共有サイトです。あらゆるジャンルのレポートをダウンロードしたりアップロードしたりすることができます。著作権には注意しましょう。くれぐれも丸写し・コピペは禁止です。

このページのトップへ

SPリンク